ご飯抜きダイエットの危険性

“炭水化物を、できる限り控える”といったダイエット法は、太っている人に医師が伝える手ほどきの一つとして知られていることが多いです。なぜかというと、太っている人は、大体、炭水化物を多く摂ってしまうことがあるからです。

糖質減量によるダイエット法が流行っています。そのダイエット方法は、コメやパン、麺類を初めとするメインをとるのを控え、炭水化物もできる限り摂取しないことを提唱しているダイエットの仕方です。が、それについては医学の世間では認められているわけではなく、著者の自説でしかありません。

幾らなんでも無理のある説で「医師が言うのはよくない」などの内容の非難する声も聞かれています。その糖質を過剰に摂取し過ぎることが、肥満の原因になっているのです。

だから摂取量を今までの半分、3分の1に抑えれば、次第に痩せていくことは考えられます。実際、糖尿病の患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は異なるものですし、治るかどうかも違ってきます)にまあまあ糖質制限には注意が重要です。

日本人の糖尿病に関係するご飯療法においては、日本糖尿病学会が炭水化物のみを極端に抑制することの医学的根拠が不足であるとした提案を述べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>