マスコミのダイエット煽るに乗るな

日本人の「スリムになりたい希望」の、なんとすさまじいことなのでしょう。
けれども、日々増えていくダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)法には、何の根拠もないものや、間違いや不正なものが多く確認されています。例えると書店の健康コーナーの棚には、いろんな扇情的な題名のダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)本がずらりと並んでいます。

宣伝文句も「1ヶ月しか経っていないのに10キロも痩せた!」などどれもこれもにぎやかです。このような事態で判明したのは、一部のマスコミは、少しも裏付けがないダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)の仕方をまことしやかに取り上げているという実状です。

記憶に新しいところでは2006年(平成18年)、あるテレビ番組が「白いんげん豆」を使ったダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)を話題にしたところ、それを実際に行った視聴者が吐き気や下痢などに襲われることが起き、158人も患者が出てしまいました。これをトリガーとなり、他局などのバラエテイ番組で話題に上がったダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)法でも、データの捏造が多く発覚。政府の忠告をうけて、テレビ局の代表取締役が辞職する事態にまでなってしまっています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>